site logo

日々進化している動画マーケティング

動画広告市場の成長背景として、活用シーンが大幅に増えたことが挙げられます。これまでは映像を視聴するデバイスはテレビが主流でしたが、現在ではスマートフォンをはじめとし、デジタルサイネージを活用したや街頭ビジョン・交通広告など様々なシーンで動画を目にする機会が増えました。

動画の強み

短い時間で圧倒的な情報量

1分間で動画で伝えられる情報量は3600ページ、文字にすると180万文字分と言われています。この情報量を1分間で読み上げることは不可能ですが、動画ならたった1分間で分かりやすく、かつ写真と文章だけでは表せないような雰囲気やリアルさを伝えることができます。

静止画よりも記憶と理解を深めることが可能

インターネットで買い物をしようとした時に、文字や静止画だけでは商品の特徴や使用イメージは伝わりにくいものです。文章読むのが苦手な方は読むのをやめてしまい、商品の良さがが伝わらずに終了してしまうこともあります。

人間は「視覚」「聴覚」から多くの情報を受け取ると言われています。動画では撮影や編集、ナレーション・音楽を活用することで、効率的にアプローチすることが可能です。

こういった動画が持つ強みによって購入意欲も上がります。
また使用イメージも明確になっているので購入後の満足度も高めることができます。

多様な動画の活用方法

アニメーションや実写など動画の表現方法は様々。そのため動画の用途は多岐にわたり、教育や研修、商品紹介、イベントやセミナー向けの説明動画など、広告だけではなく様々なシーンで動画が活用することができます。